logo

ドコモ加藤社長、spモード障害を謝罪--「至急改善する」

藤井涼 (編集部)2012年07月27日 17時07分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「spモードの各種設定において、大勢のお客様にご迷惑をおかけしたことを深くお詫びする」――NTTドコモ代表取締役社長の加藤薫氏は、7月27日に開かれた決算会見において、7月25日に発生した「spモード」の障害について謝罪した。


NTTドコモ代表取締役社長の加藤薫氏

 今回の障害は、spモードを利用する一部のユーザーのメールアドレスやパスワードといった設定情報が、他のユーザーによって変更されてしまうという事象。約1000契約が、実際にメールアドレスやパスワードを変更されてしまったという。原因は、spモードの設定変更サイトへのアクセスを管理するサーバで、ソフトウェア更改を行った際に、データ設定に誤りがあったためとしている。

 加藤氏は障害について、「spモードの各種設定は通話やメールをつかさどるメインストリームではないため、もし私どもの目が届かないところがあったとするなら、至急改善していきたい。原因としても人的なところが見えるので、そこは究明していきたい」とコメント。

 また、各種設定の変更には4桁の暗証番号が必要になるが、初期設定では「0000」に設定されている。加藤氏は「それをそのままお使いの方が多く、過半を超えていると聞いている」と語り、他人の設定情報に偶然入れてしまう事象が発生した1つの要因になってしまったと説明。

 「今後はこういう事象以外でもいろいろなことが起こりうることが考えられる。今後も社としてご利用の皆さまに折に触れてアピールしていきたい」と強調した。

-PR-企画特集