logo

オーディオテクニカ、低音域を重視したストリート向けスピーカ

加納恵 (編集部)2012年07月26日 18時33分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オーディオテクニカは7月26日、低音域再生を重視したポータブルスピーカ「BOOGIE BOX AT-SPB50」を発表した。キャリングハンドルを設け、インドア、アウトドアともに使用できる。発売は8月23日。価格は1万2600円になる。

  • 「BOOGIE BOX AT-SPB50」

 ステレオミニ端子を装備し、オーディオプレーヤーとの接続が可能。50cmのステレオミニケーブルも付属する。

 口径70mmのスピーカユニットを2つ搭載し、力強いサウンドを再生するパワフルな低域とクリアな中高域を再現する最大出力3.6W+3.6Wのデジタルアンプを搭載する。

 地面に対し、本体角度を15度上方向に傾けた「サウンドディスパーションアングル機構」を採用し、広範囲に向け音を鳴らすことが可能。サイズは高さ178mm×幅315mm×奥行き119mmで、重量約2.2kg(電池除く)。ACアダプタのほか、単3形電池8本でも駆動できる。電池使用時の連続使用時間は約23時間になる。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集