logo

キヤノン、コンデジ3機種を発売--全自動撮影やWi-Fi通信に対応

エースラッシュ2012年07月26日 18時09分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 キヤノンは7月26日、個人認証機能付きの全自動撮影機能「こだわりオート」やWi-Fi通信対応モデルなどコンパクトデジタルカメラの新製品3機種を8月2日から発売すると発表した。「IXY 430F」「PowerShot A4000 IS/A2400 IS」が発売される。

 IXY 430Fは、被写体に合わせて58シーンから自動で設定を調整する全自動撮影機能「こだわりオート」を搭載したモデル。よく撮影する人物の「顔」「名前」「誕生日」を事前登録しておくと、ピントと露出を優先的に設定する個人認証機能も備えている。

 進化したWi-Fi通信機能も特徴のひとつ。iOS/Android端末で簡単に写真を共有できる「カメラアクセスポイントモード」、スマートフォンのGPS情報を利用して写真データに位置情報を追加できる「GPSモバイルリンク」、対応プリンタを使ってワイヤレスで印刷できる「PictBridge」などを利用可能だ。

 撮像素子は有効画素数約1610万画素の1/2.3型CMOSで、表示部には3.2型ワイドのタッチパネル液晶を採用。本体サイズは高さ56.8mm×幅93.5mm×奥行き20.8mm、バッテリとメモリカードを含む重量は約145gで、光学5倍ズームを搭載している。カラーはパープル、シルバー、ゴールド、ピンクの4種類だ。市場想定価格は2万5000円前後。

 PowerShot A4000 ISは、広角28㎜からの光学8倍ズームや有効画素数が約1600万画素の1/2.3型CCDを備えたスリムモデル。32シーンの認識と自動設定が可能なこだわりオート、撮影状況に応じて6種類のISを自動で切り替える「マルチシーンIS」、強化ガラスで見やすさと強さを兼ね備えた「3.0型クリアライブG」などを備えている。

 本体サイズは高さ56.3mm×幅95.3mm×奥行き24.3mmで、バッテリーとメモリーカードを含む重量は約145g。カラーはシルバー、ピンク、ブルーの3種類となっている。市場想定価格は1万4000円前後。

 PowerShot A2400 ISは、A4000 ISと同サイズのボディに広角28㎜からの光学5倍ズームを備えたモデル。こちらも撮像素子は有効画素数が約1600万画素の1/2.3型CCDで、32シーン認識のこだわりオートやマルチシーンISなどを備えている。カラーバリエーションはシルバー、ピンク、ブルーの3種類だ。市場想定価格は1万1000円前後となっている。

IXY 430F IXY 430F

-PR-企画特集