logo

「ドラクエX」すれちがい通信もある3DS連動ソフトを配信--CMにSMAPを起用

佐藤和也 (編集部)2012年07月25日 19時31分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スクウェア・エニックスは7月25日、ヒルトン東京において8月2日発売予定のWii用ソフト「ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン」の完成披露発表会を開催。ニンテンドー3DSとの連携ソフトの配信や、テレビCMに人気グループ「SMAP」の起用などを発表した。

 発表会では、ドラゴンクエストシリーズエグゼクティブプロデューサーを務める、スクウェア・エニックスの三宅有氏が「本作はシリーズでも最大のチャレンジ」とし、関係者やベータテストに参加したユーザーへの感謝の言葉を挨拶として述べた後、ゲームデザイナーの堀井雄二氏とドラクエXのプロデューサーを務めた、スクウェア・エニックスの齋藤陽介氏が紹介などを行った。

  • 三宅有氏

  • 堀井雄二氏

  • 齋藤陽介氏

すれちがい機能も搭載した3DS用連動ソフトは8月22日配信

 ドラクエXと連動するニンテンドー3DS用ソフト「ドラゴンクエストX 冒険者のおでかけ便利ツール」は、8月22日よりダウンロード配信予定。

 まず注目は「すれちがい通信機能」。ドラクエXでプレイしている自分のキャラクターのデータを、本ソフトと同期させてニンテンドー3DSをすれちがい通信状態にし、町中で同じすれちがい状態にしている人とすれ違えば、お互いのキャラクターのプロフィールやメッセージを交換することができる。さらに実際にすれ違ったキャラクターと、オンラインでのドラクエXの世界で再びすれ違う「ダブルすれちがい」状態になると、あるご褒美が用意されているという。

 ほかにも便利ツールとして、フレンド登録した相手の状態を確認できる「フレンド情報確認機能」や、フレンドのプレイヤー同士で手紙のやり取りができる「郵便局機能」、プレイしていない状態で自分のキャラクターを登録し、ほかのユーザーがAIキャラクターとして雇われると、その人と冒険した分だけ経験地とゴールドが稼げるサポート仲間のシステムがあるが、そのサポート仲間として雇われている状態が確認できる「サポート仲間雇われ情報確認機能」、アイテムを出品できる旅人バザーのラインナップが確認できる「旅人バザー閲覧機能」など、ゲームをプレイしていない出かけ先でも便利な機能が用意されている。

 このソフトは、ドラクエXの製品パッケージに封入されている引き換え番号を、ニンテンドーeショップで入力することで無料でダウンロードできる。

  • すれちがい通信

  • 郵便局

  • 旅人バザー

-PR-企画特集