logo

パイオニア、ネットワーク機能を充実させたシステムオーディオ

加納恵 (編集部)2012年07月25日 18時14分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パイオニアは7月25日、Wi-Fi接続とEthernetに対応したシステムオーディオ「X-HM81-S」を発表した。iPhoneなどと連動しネットワーク経由で音楽ファイルを再生できるAirPlayも可能だ。発売は8月上旬。店頭想定価格は6万円前後になる。

  • 「X-HM81-S」

 CDプレーヤー、iPhone/iPodドック、FM/AMチューナなどを一体化したレシーバ部とスピーカ部から構成されるセパレートタイプ。DLNAに準拠し、ホームネットワーク内にあるPCやスマートフォン内の音楽ファイルもネットワーク経由で再生ができる。

 別売のBluetoothアダプタ「AS-BT200」を接続すれば、Bluetooth経由での音楽再生も可能。複数の端末からそれぞれ好きな曲を選択し、共通のプレイリストを作成できるアプリ「Pioneer Air Jam」を使用できるほか、スマートフォンから本体操作ができる専用アプリ「Pioneer ControlApp」にも対応する。

 無操作時にスタンバイモードに自動的に移行する、オートパワーオフ機能を搭載。タイマー、スリープ機能も備える。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集