logo

“残り営業日”をすばやくカウントできるアプリ「DateCalculator」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アプリ名:DateCalculator(beta)(Ver.0.1.2.beta)
金額:無料(2012年7月25日時点)
カテゴリ:仕事効率化
開発:toshima66
使用端末:Xperia acro HD IS12S
おすすめ度:★★★☆☆

 「DateCalculator(beta)」は、ある日からある日までの「日数」をカウントするアプリだ。プロジェクトの開始日から終了日までの日数をカウントしたり、今日を起点に記念日までの残り日数をカウントするなど、さまざまな用途に利用できる。

起動直後の画面。見出しは英語だが、曜日などはきちんと日本語で表示されており、操作方法で迷うことはないだろう
起動直後の画面。見出しは英語だが、曜日などはきちんと日本語で表示されており、操作方法で迷うことはないだろう

 使い方は簡単で、ふたつの日付を入力するだけ。差し引きした日数が下段に自動的に表示される。当日は1日とカウントされるので、開始日と終了日に同じ日付を入れた場合は「1」、終了日に翌年の日付を入れた場合は「366」と表示される。当日を含めるか否かの設定ができればなおよかったろうが、その分、うっかり設定を間違える心配もないので、把握して利用すればとくに問題はないだろう。

 本アプリで便利なのが、日曜および土曜を除外し、いわゆる営業日だけをカウントできること。プロジェクト管理などで「残りあと1カ月ある」と悠長に構えていたところ、実働日数は20日程度しかなかった、というのはよくある話だ。本アプリでは「Except Sunday」「Except Saturday」にチェックを入れることで、指定した期間から日曜および土曜を除外してカウントしてくれる。

 このほか、日数を指定することで、終了日を逆算する機能も搭載されている。例えば「今日から100営業日後」といった具合に指定すれば、その将来の日付が表示されるというわけだ。土日も含めてスケジュールを組んでしまい、結果的に納期がタイトになりがちな人にとっては、自分の感覚と実際の日数を擦り合わせるのに便利だ。

 現時点で不足しているのが、祝日、さらに任意の休日の日数を除外してカウントする機能がないこと。アプリの機能紹介ページによると、祝日のカウントについてはGoogleカレンダーと連携して実装予定とされているが、アプリ自体長らく更新がなく、現時点では実装されないままになっている。ありそうでない便利なアプリなので、ぜひともバージョンアップを期待したいところだ。

  • 日付を選択する。この時点では曜日が表示されていないのがやや難。カレンダー表示も欲しいところだ

  • 試しに2012年6月27日から7月31日までの日数をカウントしたところ。なお、ここで表示されている「35日」には当日分の1日が含まれているので、必要なければ除外して考えるようにしたい

  • 下段の「Except Sunday」にチェックを入れると、日曜が除外して再計算され、30日と表示された

  • さらに「Except Saturday」にもチェックを入れると、土日が除外して再計算され、25日と表示された。任意の曜日を指定できればさらに便利そうだが、いまのところ土日のみが設定可能

  • 日数を指定していつまでかかるか逆算することも可能。ここでは土日を除外した状態で100日を指定する

  • 営業日ベースで100日後が11月13日であることが表示された

>>「DateCalculator(beta)」のダウンロードはこちらから

ビジネスアプリセンター

Androidの記事一覧はこちら

-PR-企画特集