logo

デノン、デジタル入力を採用した新システムオーディオ2製品

加納恵 (編集部)2012年07月23日 18時31分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 デノンは7月23日、システムオーディオ「D-F109 Series」、「D-M39 Series」の2機種を発表した。8月上旬に発売する。

  • 「D-F109 Series」

 D-F109は、ステレオレシーバ「DRA-F109」(価格:4万5150円)、CDプレーヤー「DCD-F109」(同:3万7800円)、ネットワークオーディオプレーヤー「DNP-F109」(同:4万7250円)、スピーカシステム「SC-F109」(同:4万5150円)を単品で用意したシリーズ。コンポーネント部は横幅250mmのコンパクトサイズを採用する。

  • 「D-M39 Series」

 新ラインアップとなるDNP-F109は、iPhoneやUSBメモリのダイレクト再生のほか、インターネットラジオ、ネットワーク経由での音楽ファイルストリーミング再生などに対応。スマートフォン専用アプリも用意し、スマートフォンからのコントロールも可能だ。

 D-M39は、CDレシーバ「RCD-M39」(同:4万4940円)と、スピーカシステム「SC-M39」(同:1万8690円)から構成される。CDレシーバ部は横幅210mmで、CDプレーヤー、FM/AMチューナ、iPod/iPhoneのデジタルダイレクト再生ができるUSB端子を装備。本体カラーはプレミアム・シルバーとブラック、スピーカも木目とブラックの2色を用意する。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集