logo

ティアック、TASCAMブランドからリニアPCM録音とHDビデオ撮影ができるレコーダー

加納恵 (編集部)2012年07月19日 15時58分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ティアックは7月19日、TASCAMブランドからリニアPCM録音とHDビデオ撮影ができるリニアPCM/HD ビデオレコーダー「DR-V1HD」を発表した。発売は8月下旬。店頭想定価格は3万円前後になる。

  • 「DR-V1HD」

 高さ131mm×幅70mm×奥行き28mmで、重量約157g(電池含まず)のボディに、2.4型の液晶モニタを搭載。44.1k/48k/96kHz、16/24 ビットのリニアPCM録音と1280×720pのビデオ撮影ができる。専用ズームレバーを使って4倍のデジタルズーム撮影も可能。HDMIミニ端子を設け、テレビへの表示もサポートする。

 記録メディアにはmicroSD/microSDHCカードを採用し、別売のACアダプタもしくは単3電池3本で駆動が可能。カメラとステレオマイクが一体となって180度回転するバリアングル機構を採用しているため、向けたい方向にカメラとマイクを向けることができる。

 マイクには単一指向性ステレオコンデンサマイクを採用し、狙った音を通信に収音できるとのこと。無段階の入力レベル調節が可能なロータリーインプットボリュームを備え、3段階のローカットフィルタも搭載する。

 本体には2GバイトのmicroSDカードとUSBケーブル、単3乾電池3本が付属される。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集