logo

PC版Chromeのブックマークを好みのブラウザで開けるiPhoneアプリ「Chrome Sync Pro」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Chrome Sync Pro」は、PCのGoogle Chromeのブックマーク、タブ、履歴などのデータを取得し、iPhone上で開くことができるアプリだ。アプリ自体はブラウザ機能を持たず、これらURLデータを同期するだけにとどまっており、自分の好みのブラウザを用いてこれらURLを表示できるのが特徴だ。

  • 利用にあたってはPC側のChromeに拡張機能「Apollo Bookmark/Tab/History Sync add-on」をインストールしておく必要がある

 Chromeといえば、最近新たにリリースされたiOSアプリ版が、PC版やAndroid版などのChromeとブックマークを同期できるとして注目を集めている。しかしそれらはChrome上で開く形になるため、ブラウザとしてのChromeの機能に不満があって別のブラウザで表示したい場合などは、二度手間になってしまう。

 その点、このChrome Sync Proであれば、ほかのChromeで使用しているブックマーク、タブ、履歴などのデータを取得し、任意のブラウザで開くことができる。標準のSafariはもちろんのこと、iCab Mobileなどサードパーティ製のブラウザを使っている場合でも、設定画面からそれらのブラウザを指定しておけば、いちいちURLをコピペする必要もなく、それらのブラウザでサイトを閲覧できるというわけだ。

 具体的な用途としては、自宅のPCでChromeで閲覧していたページをiPhoneでチェックしたい場合に役立つ。外出先で本アプリを立ち上げて「History」をタップすれば、最近表示されたページの一覧が表示されるので、その中から該当のページをタップすればよい。Chromeで最後に開いた状態のタブ一覧を取得し、それらのページをあらためてiPhoneで開くことも可能だ。

 ChromeのiOSアプリが登場したことでブックマークを同期できる強みは本アプリだけのものではなくなったが、任意のブラウザを指定してページを開けるメリットはいまだ健在だ。アプリとしての今後やや方向性は変わってくる可能性はあるが、本アプリならではの強みを活かす方向で進化を続けていってほしいところだ。

  • ブックマークを開くブラウザを指定できる。iCab Mobileなどサードパーティ製のブラウザも指定可能

  • 「Bookmark」をタップすると、PC版のChromeのブックマークが表示された。これらをタップすれば指定ブラウザで表示できる

  • 「History」をタップしたところ。PC版のChromeで最近開いたページの履歴が表示された

  • 「Tabs」をタップしたところ。PC版のChromeで最後に開いた状態のタブ一覧が表示された

  • 設定画面。同期にはGoogleアカウントを用いる

>>Chrome Sync Proのダウンロードはこちらから

ビジネスアプリセンター

iPhoneの記事一覧はこちら

-PR-企画特集