logo

マクセル、独自の「Bit Support」付きで落ちにくいイヤホン

加納恵 (編集部)2012年07月12日 20時03分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立マクセルは7月12日、ハウジング部に突起状ラバー素材「Bit Support(ビットサポート)」を設け、安定した装着感を実現したイヤホン2機種「HP-CN17/SP17」を発表した。7月25日に発売する。

 Bit Supportは、すべり止め用の突起状ラバー素材で、ハウジング後端に設けることで、すべりにくく快適な装着感を実現するとのこと。

 本体には高磁力ネオジウムマグネットの口径8mmドライバユニットを内蔵し、豊かな低音と中高音域を再生するとしている。

 通常のヘッドホンタイプであるHP-CN17(店頭想定価格:1500円前後)と、マイク付きリモコンを搭載したHP-SP17(同:2000円前後)の2モデルを用意。いずれもSS、S、Mサイズの抗菌イヤーピースが同梱される。

  • 「HP-CN17」

  • 「HP-SP17」

  • 「Bit Support」のイラスト

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集