logo

マクセル、独自のノズルポート形状で圧迫感なく装着ができるイヤホン

加納恵 (編集部)2012年07月11日 16時34分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立マクセルは7月11日、独自の新形状「ノズルポート」を採用したイヤホンを発表した。圧迫感のない装着感が得られるという。約1.2mコードを採用した「HP-NZ16」(店頭想定価格:1500円前後)と、約1.0mのコードを収納できる「スマート収納リール」を備えた「HP-RC16」(同:2000円前後)の2機種をそろえる。発売は7月25日。

  • 上段「HP-NZ16」、下段「HP-RC16」

 新形状のノズルポートは、耳の穴に挿しこまない形状で、ハウジング部が薄い設計。従来モデルに比べ約20%小型化するなど、女性の耳にもつけやすく進化しているという。口径10mmの高磁力ネオジウムマグネットドライバユニットを内蔵し、豊かな低音と繊細な中音域を再現するとのことだ。

 NZ16はIPX2等級の防滴仕様で、スポーツ時での利用も可能。RC16に付属されているスマート収納リールは、コードを収納でき、リール部のクリップでカバンや衣類に留めておくことができる。

 両機種ともにイヤーピースは銀イオンを施した抗菌タイプを使用。本体カラーは、ブラック、シルバー、ブルー、ピンクのメタリックカラーを採用している。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集