logo

マイクロソフトのパートナー会議で明かされた重要点--加・トロント開催

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは7月8日から12日まで、カナダのトロントでパートナーカンファレンス「Microsoft Worldwide Partner Conference 2012」(Microsoft WPC)を開催している。Microsoftのソフトウェアを、エンドユーザー企業に導入するといったビジネスを手がけるパートナー企業が150カ国以上から1万3000人以上集まり、情報を交換する。日本からも143社が参加した。

 初日の基調講演を務めたCEOのSteve Ballmer氏が、Windows 8の発売時期を10月末と明らかにしたほか、Office 365の新たな販売形態を発表するなど、盛りだくさんの内容になっている。ここではMicrosoft WPCの重要ポイントをまとめると共に、最近のMicrosoftの動向も挙げる(2012年7月12日更新)。

◇Microsoft Worldwide Partner Conference 2012
マイクロソフト最大のパートナーカンファレンスがトロントで開幕 - ZDNet Japan
Windows 8は10月末に発売、RTM版は8月--正式発表
マルチタッチデバイス開発のPerceptive Pixelを買収へ
MS、パートナーが顧客と直接契約できる「Office 365」の新販売モデル提供へ - ZDNet Japan
バルマーCEO「Windowsは魂であり接着剤」--豊富な商材でパートナーを魅了 - ZDNet Japan

◇Microsoftを取り巻く最新動向
MS、CobyとAluratekとライセンス契約を締結--「Android」「Chrome」搭載製品を対象
S・ウォズニアック氏、マイクロソフトを語る:「以前とは違う会社だ」
マイクロソフト、エンジェルインキュベーター「Bing Fund」を設立か
マイクロソフト、12億ドルでYammer買収を正式発表
「Surface」、その狙いは成功するのか--「iPad」にはない強み
MSのタブレット「Surface」の第一印象--便利な機能と細かな工夫の数々を見る
現小学生の65%は今存在していない職に就く--マイクロソフトが教育事業に取り組む理由
マイクロソフト、10億ドル相当のAOL特許取得で取引完了
Bing Maps」、165テラバイトの衛星写真データを追加

◇就任5年目を迎える樋口泰行 社長
マイクロソフトの樋口社長--「Windowsを再創造する」
トップインタビュー:日本MS 樋口社長--被災地を訪ねて - ZDNet Japan

-PR-企画特集