logo

誤操作による発信を防ぐ「発信確認 Call Confirm」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アプリ名:発信確認 Call Confirm(Ver.1.2.2)
金額:無料(2012年7月14日時点)
カテゴリ:仕事効率化
開発:7bit
使用端末:Xperia arc SO-01C
おすすめ度:★★★★★

 Android端末のほとんどがタッチパネルを利用した操作によって入力を行うわけだが、タッチパネルという限られたスペースにアイコンやボタンが並ぶため、案外誤操作しやすい。とりわけ誤操作で問題になるのが「発信」操作だ。

「発信確認 Call Confirm」を起動したところ。設定するには「設定」をタップする
「発信確認 Call Confirm」を起動したところ。設定するには「設定」をタップする

 端末によっては標準搭載されている“連絡帳”など、アドレス帳アプリに登録した番号部分をタップするだけで、発信してしまうことがある。つまり、誤操作による発信だ。

 タイミングが悪ければ、相手の端末に着信履歴が残ってしまう場合もある。気心の知れた中であれば、間違いであることを再度連絡すればよいが、アドレスだけ登録したような人に間違って発信してしまったとなれば、気まずくなってしまうこともあるだろう。

 そんなトラブルを未然に防ぐには、今回紹介する「発信確認 Call Confirm」がうってつけ。本アプリは、導入端末の発信操作に対して“確認”を割り込ませるだけのアプリなのだが、実用性は高い。

 本当に発信したい場合は、確認ダイアログの「発信」を再度タップすればよい。ちなみに、「キャンセル」をタップすると発信が無効化される。

 確認ダイアログでは、発信先の電話番号ほか、登録されていれば名前や写真も表示できるので、一目で誰に発信しようとしているのかがわかるのも嬉しい。

 なお、発信の確認や名前/写真表示のオン/オフは設定画面で行えるほか、例えばロック画面や未登録番号などの条件により、発信確認を無効にするといった設定も行える。

 本アプリは無料なので、心配性な人でなくともぜひ導入したいアプリだ。

  • 発信確認の設定や発信確認の無効条件などを設定できる。各機能ともチェックボックスをタップしてオン/オフ可能だ

  • 「発信確認 Call Confirm」を導入しておけば、発信時にこのようなダイアログが表示される。そのまま発信する際は「発信」を、中止したい場合は「キャンセル」をタップしよう

>>「発信確認 Call Confirm」のダウンロードはこちらから

ビジネスアプリセンター

Androidの記事一覧はこちら

-PR-企画特集