logo

家庭用ソーラー蓄電システム「燦」登場--折りたたみ式ソーラーパネルを採用

加納恵 (編集部)2012年07月05日 18時48分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 太陽光蓄電装置などの輸入販売を手がける友恵(ともえ)は、小型のパーソナル蓄電式ソーラーシステム「燦(SUN)SMP-300」を発表した。発売は7月10日。価格は14万8000円になる。

  • 「燦(SUN)SMP-300」

 ソーラーパネルと蓄電池を内蔵したコントロールボックスから構成され、ソーラーパネルで作りだした電力を蓄電池に貯め、必要なときに使用するという仕組み。

 ソーラーパネルは二つに折りたたむことができ、サイズは広げた状態で高さ35mm×幅1370mm×長さ615mmで、重量約11.8kg。庭やベランダなどに設置できるとしている。

 コントロールボックスは長さ310mm×幅210mm×高さ280mmで、重量約20kg。バッテリ容量は480Whで、AC100VとDC12V、USBの使い分けができる。ノートPCなら約10.8時間、液晶テレビは約4.3時間の使用が可能。太陽光パネルのほか、家庭用コンセントからも充電でき、満充電までの時間は、ソーラーパネルで約16時間、家庭用100Vで約9時間になるとのこと。

 コントロールボックスにはインジケータを設け、充電状況が一目で確認できるとしている。

-PR-企画特集