logo

「radiko.jp」の配信プラットフォーム運用で新会社設立

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTスマートコネクト、radiko、朝日放送の3社は6月28日、IPサイマルラジオサービス「radiko.jp」の配信プラットフォームの運用と新規ビジネスの開発を手がける新会社「メディアプラットフォームラボ」を7月2日に共同設立すると発表した。

 資本金は5000万円(資本準備金2500万円を含む)。NTTスマートコネクトが51%、radikoが34%、朝日放送が15%を出資する。代表取締役社長には窪薗竜二氏が就任する予定だ。

 新会社では、radiko.jpの参加局拡大に伴うメディアセンターの運用複雑化に対応し、一元的管理による効率的で安定したradiko.jpの配信プラットフォームの運用管理を行う。配信センターのリソースを活用した新たなビジネスも開発するという。配信プラットフォーム運用と新規ビジネス開発を通じて得たノウハウをradiko以外にも展開するとしている。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]