logo

Facebook「Find Friends Nearby」機能、別会社がアイデアの盗用を指摘

Josh Lowensohn (CNET News) 翻訳校正: 編集部2012年06月26日 12時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ユーザーが周囲にいる人々を見つけるのを支援するFacebookの新機能は、同様のサービスをこの1年間提供している会社によると、盗作だという。

 ジオロケーションに基づいて近くにいる他のユーザーを示すサービスを提供しているFriendthemの最高経営責任者(CEO)は、最初にこのサービスを始めたのは同社であり、2012年初めにはFacebook幹部とそのアイデアについて話をしたと述べている。

 FriendthemのCEOであるCharles Sankowich氏は米国時間6月25日、「Facebookが『Find Friends Nearby』と呼んでいる機能でわれわれのアイデアをあからさまに盗んでいることを24日に知って驚いた」と、米CNETや複数のメディアに送った電子メールの声明で述べた。

 「FacebookのエンジニアであるRyan Patterson氏は、この機能がハッカソンで『Friendshake』として誕生したと主張しているが、Friendthem.comの商標物を盗んだものに過ぎないとわれわれは確信している」と、Sankowich氏は付け加えた。

 Facebook側はその機能を重要視せず、テストと呼んでいる。

 同社の報道担当者は米CNETへの電子メールによる声明で、「これは正式リリースではなく、一部の技術者がテストしているものだった。色々テストした結果、正式版としてリリースされるものもあるし、そうでないものもある」と述べた。

 Sankowich氏は、2月にFacebookのある幹部と会食し、Friendthemが開発したものについて話し合い、同じ人物から「そのアイデアを本当に気に入った」と後で言われた、と米CNETによる取材で述べた。また、Sankowich氏によると、地理ベースの別のソーシャルディスカバリーツールであるGlanceeをFacebookが買収した直後、同じ人物にその後の状況を問い合わせてみたが、それに対する返信はなかったという。

 技術ブログのTechCrunchが最初に指摘した問題の新機能は、24日にFacebookのモバイルアプリケーションでひそかに導入された。この機能はロケーションに基づいて近くにいる別のFacebookユーザーを見つけるが、その目的はユーザーのソーシャルコネクションを拡大することにある。

 太平洋時間午前11:30更新:Facebookは、同社の「iOS」アプリと「Android」アプリを通じてモバイルデバイスからこの機能を無効にしただけでなく、同社のモバイルサイトでも無効にしたようだ。

Facebookの新しい友達発見機能
Facebookの新しい友達発見機能
提供:Screenshot by Jason Cipriani/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]