logo

日本HP、法人向けPC13機種を販売開始--第3世代Coreプロセッサ搭載

エースラッシュ2012年06月22日 12時11分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ヒューレット・パッカード(HP)は6月21日、第3世代Coreプロセッサ搭載の法人向けPC13機種(ノートPC9機種、デスクトップPC4機種)と、次世代Xeon搭載のワークステーション2機種を同日から順次販売開始した。

表1:ノートPC9機種
製品名販売価格販売開始
EliteBook 2170p10万 800円~8月中旬
EliteBook 2570p10万7100円~8月中旬
EliteBook 8470p13万1250円~7月中旬
EliteBook 8570p13万4400円~7月中旬
ProBook 6570b 8万1900円~8月下旬
ProBook 4340s 5万6700円~7月中旬
ProBook 4540s 5万2500円~7月下旬
ProBook 4545s 6万 900円~7月下旬
ProBook 4740s 5万9850円~7月上旬
表2:デスクトップPC4機種
製品名販売価格販売開始
Compaq Elite 8300 US 7万3500円~6月21日
Compaq Elite 8300 SF 8万 850円~6月21日
Compaq Elite 8300 MT 8万1900円~6月21日
Compaq Pro 6300 SF 4万9350円~6月21日
表3:ワークステーション
製品名販売価格販売開始
Z22012万9780円~7月2日
Z220 SFF11万5500円~7月2日

 法人向けノートPCは、3年間の長期標準保証や堅牢ボディが特徴のプロフェッショナルモデル「HP EliteBook p」シリーズ、拡張性に優れた「HP ProBook b」、高コストパフォーマンスな「HP ProBook s」シリーズのラインアップをそれぞれ一新。全モデルで無償のセキュリティ統合ツール「HP Protect Tools」とピークシフトに対応する電源管理ソフトウェア「HP Power Assistant」を標準搭載している。

 EliteBook pシリーズは、14.0インチワイド液晶搭載モデル「8470p」、1920×1080ドット表示の15.6インチワイド液晶搭載モデル「8570p」、11.6インチワイド液晶搭載モデル「2170p」、12.5インチワイド液晶搭載モデル「2570p」の4機種を用意している。

 ProBook bは、15.6インチワイド液晶搭載モデル「6570b」をラインアップ。ProBook sシリーズは、13.3インチワイド液晶搭載モデル「4340s」、15.6インチワイド液晶搭載モデル「4540s」「4545s」、17.3インチワイド液晶搭載モデル「4740s」の4機種が追加された。

 法人向けデスクトップPCは、ハイエンドモデル「HP Compaq Elite 8300」シリーズと、省スペース型のスタンダードモデル「HP Compaq Pro 6300 SF」のラインアップを一新。第3世代CoreやPC3-12800メモリの採用に加え、全モデルにUSB 3.0を搭載している。国際エネルギースターに適合したモデルを全製品で選択可能となった。

 Compaq Elite 8300シリーズは、統合セキュリティツールのProtect Toolsを標準インストールしたハイエンドモデル。拡張性の高いミニタワー型の「8300 MT」、省スペース筺体ながら拡張性も確保した省スペース型「8300 SF」、高い低消費電力かつ薄さわずか6.6cmのウルトラスリム型「8300 US」の3モデルが選択できる。

 ワークステーションの「HP Z220 Workstation」シリーズは、プロセッサにXeon E3-1200 v2を搭載するエントリクラス。「インテリジェント・ディスク・キャッシング」機能を搭載している。この機能は、小容量のSSDをキャッシュとして搭載することでOSやアプリケーションの高速化を実現し、ストレージにSSDを搭載する場合と比べ、大きなストレージ容量と低コストが可能になるという。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]