logo

アマゾン、クラウド音楽サービス向けに4大レーベルからライセンス取得か

Greg Sandoval (CNET News) 翻訳校正: 編集部2012年06月16日 11時54分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Amazonのクラウド型音楽サービスが最大手レコードレーベル4社によるライセンスを完全に取得したという。複数の情報筋が米CNETに伝えた。

 この件について、レコードレーベル各社とAmazonは明らかにしていないが、情報筋によると、Amazonは、米国内において同社のクラウド型音楽サービス向けの新機能を2012年7月中に投入すると見られている。

 米CNETは米国時間6月12日付けの記事で、AmazonがUniversal Music Group、Sony Music Entertainment、EMIとの間でクラウド配信に関する契約を成立させ、Warner Music Groupとは交渉中であると伝えていた。新たな情報では、実際に最初に契約を結んだのはWarner Music Groupだとしている。

 ライセンスによってAmazonの「Cloud Drive」や「Cloud Player」にどのような変更が行われるのかについては、まだ明らかにされていないが、情報筋によると、Amazonが提供する可能性が高い1つの機能が「Scan and Match」だという。

 Amazonが2011年にクラウド型音楽サービスの提供を開始した際、ユーザーは個々の楽曲ファイルごとに同社のサーバーにアップロードすることが求められていた。多数の音楽ファイルを所有するユーザーにとって、この作業は面倒なものであった。Amazonは今回、各ユーザーのハードディスクドライブをスキャンし、どの楽曲を所有しているのかを確認する権利を得たことになり、ユーザーに対して同社のライブラリに保管された楽曲のコピーのみにアクセスさせることができるようになった。ユーザーは自分が所有する楽曲ファイルではなく、クラウド上の同じ楽曲のコピーを聞くことになる。

 このような方法で楽曲を配信するには、ライセンスが必要となっていた。ライセンスなしでの配信は著作権法に違反するためで、レーベル各社はその点を主張していた

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]