logo

目の疲れを軽減するメガネ「JINS PC」にクリアレンズ--度付き/なしの両対応

坂本純子 (編集部)2012年06月13日 15時14分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ジェイアイエヌは6月13日、PC用アイウェア製品「JINS PC(ジンズ ピージー)」の新ラインアップとして、クリアタイプのブルーライトカットレンズ「JINS PC クリアレンズ」を6月15日に発売すると発表した。

 これまでのJINS PCと比較してレンズは透明で、見た目の自然さから幅広い使用シーンで使えるのが特長だ。

 ブルーカット率は約30%で、これまでのJINS PC(約45%~50%)よりもやや少ないが、可視光透過率は従来のJINS PC(約85%~約87%)から約98%へと向上している。

 価格は好みのフレーム料金+3990円。レンズは国内大手レンズメーカー製の薄型非球面レンズを使用する。薄型非球面レンズは、球面レンズに比べ厚みも薄いため、度数が強くても厚みを気にすることなく自分の好みにあったフレームデザインが選べるとしている。なお、受け取りは注文から10日後。

 LEDディスプレイから発するといわれる「ブルーライト」をカットするメガネのレンズは、「反射型」(コーティングタイプ)と「吸収型」(染色タイプ)がある。今回は、反射型を採用し、従来の反射型クリアレンズの課題であった「ギラつき」や「チラつき」を徹底的に改善したという。

JINS PCレンズ別機能比較
名称ブルーライトカット方法ブルーライトカット率可視光透過率
JINS PC(NXT レンズ)
度なしパッケージ
吸収タイプ約50%約85%
JINS PC(ライトブラウンレンズ)
度つきに対応
吸収タイプ約45%約87%
JINS PC クリアレンズ
度なし/度つきに対応
反射タイプ約30%約98%

「JINS PC クリアレンズ」

-PR-企画特集