logo

「NEWラブプラス」の不具合に対応した第1回更新データの配信が開始

佐藤和也 (編集部)2012年06月13日 15時29分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KONAMIは6月13日、発売中のニンテンドー3DS用ソフト「NEWラブプラス」において、不具合に対応した第1回更新データの配信を開始した。

 この更新データにより進行不能などの各種不具合の改善や、カノジョとのスキンシップやメール、電話などコミュニケーションの改善、タッチ操作の反応の改善などが行われる。また、今回の配信にあわせて、ゲーム内イベント「読書月間」の終了や、不具合のある一部ToDoについても一時的に停止する。

 更新データはニンテンドーeショップを通じて配信。更新に必要なSDメモリーカードの空き容量は約60MB(445ブロック)以上となっており、更新データをダウンロードし、NEWラブプラスを起動してタイトル画面内に1.1と表示されていれば更新成功となる。

 更新データは2回に分けて配信されることとなっており、2回目の配信時期は8月末~9月初旬を予定。一部高速化による操作性の改善やToDoイベントの改善、スケジュール入力画面の改善を行う予定としている。

イベントのお知らせ

「AI時代の新ビジネスコミュニケーション」~CNET Japan Live 2018

AIのビジネス活用事例を多数紹介 2月27日、28日開催

-PR-企画特集