logo

「iPhone」をPCのスペースバーにぶつけて写真を転送--Bump、新サービスを発表

Daniel Terdiman (CNET News) 翻訳校正: 編集部2012年05月25日 12時12分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 写真を「iPhone」からコンピュータに移すプロセスは面倒ではないだろうか。Bumpがその答えを用意したと述べている。

 Bumpが提供するアプリは、モバイルデバイス間での連絡先と写真の交換を可能にし、9000万回以上ダウンロードされてきた。同社は米国時間5月24日午前、最新のツールを発表した。それは、「iOS」または「Android」デバイスをコンピュータのスペースバーに軽くぶつけるだけで、デバイス内の写真をコンピュータに転送するツールだ。

 Bumpの最高経営責任者(CEO)であるDave Lieb氏によると、この新機能のポイントは、ソフトウェアをコンピュータにインストールする必要がないことだという。代わりに、「Chrome」「Firefox」「Safari」といったユーザーのブラウザとBumpモバイルアプリを通じて機能する。ユーザーはBumpのウェブサイトとアプリをロードしたあと、転送したい写真を選択して携帯端末をスペースバーに軽くぶつける。それらの写真がすぐにコンピュータに表示される。

 コンピュータに表示された写真については、2つのオプションがある。1つは、写真をコンピュータのハードドライブにダウンロードするオプション。もう1つは、共有可能なリンクを写真に作成するオプションだ。Lieb氏の説明によると、これにより、イベントでさまざまな写真を撮った後、写真をコンピュータに素早く転送し、イベントの参加者全員にリンクを送ることが容易になるという。

 この新しいツールは、Bumpがこれまで行ってきたのと同様の方法で機能する。このツールは、アプリケーションが実行されているときに双方のデバイスのロケーションを関連付ける。そして、このツールの場合には、スペースバーが押された時点で、モバイルデバイスに保存されている写真をBumpがホストするウェブサイトに転送するものとして認識する。

 Bumpが提供する既存のiOSおよびAndroid向けアプリを使用しているユーザーは、このサービスを機能させるために、最新のアップデートをダウンロードする必要がある。

写真をPCに転送するBumpの新ツールの説明 写真をPCに転送するBumpの新ツールの説明
提供:Bump Technologies

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]