logo

グーグル、「iOS」向け検索アプリを刷新--速度向上に重点

Rafe Needleman (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 長谷睦2012年05月24日 13時53分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleが米国時間5月23日、「iOS」向けの「Google Search」アプリを更新した(「iTunes」へのリンク)。筆者は「iPhone」でウェブコンテンツを検索する際はいつも、「Safari」に搭載された検索ボックスよりもGoogleの検索専用アプリを好んで使っているが、その使い勝手がさらに良くなった。

 今回のアプリ更新では、速度に重点が置かれた。これにより(特にオートコンプリート機能を使用した場合の)アプリの動作速度改善に加え、いくつかのユーザーインターフェースの改善により操作感がはるかに快適になった。筆者が使っている比較的非力な「iPhone 4」を含め、モバイル機器ではこのような小さな改善が重要になる。例えば、Google検索アプリで探し当てたページを表示している(このアプリには独自のブラウザも搭載されている)場合、そのページ上で指を左から右にスワイプすると検索結果の一覧にすばやく戻ることができる。このおかげで、検索結果を吟味する際の手間がはるかに少なくなるのだ。

 また、ページ内検索を簡単に実行できる優れた機能も搭載されている。これは、Safariでは埋もれている機能だ。

 さらに新しいアプリでは、画像検索も少し驚くほど大幅に高速化された。「iPad」では、画像検索結果をスクロールするときに、カバーフロー風の小ぎれいなアニメーションが表示される。

 ただし、このアプリには、もとのGoogle Searchアプリにあった非常に優れた機能が搭載されていない。それは、iPhoneを持って顔に近づけるだけで音声検索オプションを起動できる機能だ。音声検索は今も搭載されているが、利用するにはボタンを押す必要がある。訂正:この機能は設定画面で有効にできることがわかった(モバイル機器では実に便利な機能である「Google Goggles」についても同様だ)。

 全体として、今回のアプリ更新で実施された改善は歓迎すべきものだ。変更点については、Google公式ブログの投稿で確認してほしい。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]