logo

電通とカカクコムが資本提携--各種事業で協業

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 電通は5月23日、カカクコムとの資本業務提携を発表した。カカクコムの主要株主であるカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)から、所有株式の一部を取得する。取得する株式数は875万4000株で、持株比率は15.06%となる。

 両社は今回の提携により、インターネット広告やデジタルマーケティング事業の推進と、各種データを活用したビジネスインテリジェンス事業の開発で協業するとしている。

 また、6月末に開催されるカカクコムの定時株主総会で、電通指名の候補者1名をカカクコムの社外取締役として選任する議案を提出するという。

 なお、現時点でのカカクコムの持株比率は、デジタルガレージが20.1%、CCCが20.1%となっている。

イベントのお知らせ

「AI時代の新ビジネスコミュニケーション」~CNET Japan Live 2018

AIのビジネス活用事例を多数紹介 2月27日、28日開催

-PR-企画特集