logo

オフラインでも写真共有できるカメラアプリ「MyPhoTomo」

藤井涼 (編集部)2012年05月23日 16時17分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スタジオ・アルカナは5月23日、オフラインでも写真を共有できるカメラアプリ「MyPhoTomo」をApp Storeで公開した。価格は無料。

 MyPhoTomoは、Bluetooth(近距離無線通信規格)を利用することで、ネット環境がない場所でも、撮影した写真をその場にいる友人と共有できるアプリ。最大4人まで同時に接続でき、遮蔽物がなければ最大17mまで接続できる。

 BluetoothをオンにしたiPhone同士であれば、アプリを立ち上げると自動的に接続先(ルーム)をサーチし、メンバーが接続先リストに表示される。あとはMyPhoTomoで写真を撮影するだけで、その場にいるメンバーが撮影した写真が接続先のフォルダにリスト化されていく。好みの写真があればiPhone本体に保存することも可能だ。

  • アプリ起動時のトップ画面

  • 通信エリア内ユーザーの端末を自動サーチ

  • 共有した写真はフォルダ内に溜まっていく

 利用シーンとしては、カラオケボックスや地下の店舗内など電波状況が悪い場所や、飲み会で初めて会ったメンバーとその場で撮影した写真を共有する際などを想定している。メールアドレスやIDも必要ないため安全に利用できるほか、共有したいユーザー同士でパスコードを設定することもできる。


スタジオ・アルカナの高木夏美氏

 スタジオ・アルカナの高木夏美氏は、MyPhoTomoを日常的にPCを使っていない若い女性などに訴求していきたいと話す。「特に若い女の子は、写真の送受信が難しかったり、その場ですぐに共有できないと使わないのではないか、と考えたのが開発の出発点だった」(高木氏)。

 現在は撮影した写真のみに対応しており、端末のギャラリー画像は共有できないが、今後対応していきたいという。また、将来的にはAndroid版も提供する予定だ。

 対応機種は、iPhone4、iPhone 4Sおよび第4世代以降のiPod touch。対応OSはiOS 5以降。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]