logo

現在地を画像で取得してメールで知らせる「地図メール イマココ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アプリ名:地図メール イマココ(Ver.1.0.2)
金額:無料(2012年5月18日時点)
カテゴリ:ツール
開発:FEYNMAN Co., Ltd.
使用端末:Xperia acro SO-02C
おすすめ度:★★★★☆

 「地図メール イマココ」は、GPSで取得した現在位置を、メールの本文に貼り付けて送信するためのアプリだ。GoogleマップのURLのほか、住所、さらにはキャプチャした地図画像の3つのパターンをメールで送付するので、送信相手のプラットフォームを問わず表示しやすいことが特徴だ。

起動すると現在位置が表示される。あわせて住所も取得される
起動すると現在位置が表示される。あわせて住所も取得される

 アプリを起動すると、GPSを用いて現在位置が取得される。万一GPSの情報が不正確で正しい現在位置が表示されていないという場合、現在位置を示すマークをドラッグして正しい場所にずらすことも可能だ。またこの際、あわせて取得した住所についても、ずらした位置に合わせて書き換えが行われる。

 現在位置が正しく表示された状態で、画面下部の「イマココ!」と書かれたアイコンをタップすると、メールの新規作成画面が立ち上がる。メールには現在位置を示すGoogleマップのURLおよび住所があらかじめ記載されているほか、画像化されたマップもあわせて添付される。あとは宛先に相手のメールアドレスを記入し、送信を行えば完了だ。

 「ここメール」などの同種アプリと比較した場合、画像化されたマップがメールに添付されるのは特徴のひとつだ。もし送信相手がGoogleマップを使えない環境であっても、画像ファイルであれば開ける確率が高くなる。とくにフィーチャーフォンなどのプラットフォームであれば、この機能があることで重宝する場合も多いだろう。ちなみに画像化されたマップはメール添付だけでなく、対応アプリで開くことも可能だ。

 もうひとつ、GPSからの情報をもとに取得した現在位置をドラッグして動かすことができるので、GPSがうまく機能していない場合に場所を修正できるのはもちろん、これから向かう先の情報を送る用途にも向いている。通常の待ち合わせや非常時まで幅広く使える、便利なアプリといえるだろう。

  • 「イマココ!」ボタンを押すと、生成する地図画像のサイズを尋ねられる。基本的にはデフォルトのままでよいだろう

  • つづけてアプリの選択画面が表示される。メールに添付するのであれば、メールアプリを選ぶ。今回はGmailを選択

  • メールアプリが起動した。地図画像がファイルとして添付され、あわせて住所とGoogle マップのアドレスが本文に挿入される。あとは相手にメールすればOK

  • iPhoneでメールを受信したところ。地図が画像で添付されているので、いちいち地図アプリなどを立ちあげなくともすぐに見られる

  • メール本文には住所が記載されているため、Google マップなどで手軽に参照できる

  • 現在位置は手動で変更することができるので、このように実際にはいない位置を表示することも可能だ

>>「地図メール イマココ」のダウンロードはこちらから

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]