logo

ソニー、透明ミラーで秒間7コマの高速連写「α37」--より小型軽量に

加納恵 (編集部)2012年05月17日 14時17分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは5月17日、Aマウントを採用した一眼レフカメラ「α」シリーズに、本体重量448gを実現した「α37」を追加した。秒間7コマの高速連写、バランスの取れた構図に仕上げる「オートポートレートフレーミング」などの機能を備える。発売は6月中旬。

  • 「α37」

 ボディ単体「SLT-A37」(店頭想定価格:6万円前後)、18-55mmの標準ズームレンズを同梱した標準ズームキット「SLT-A37K」(同:6万5000円前後)、標準ズームに55-200mmのズームレンズを組み合わせたダブルズームキット「SLT-A37Y」(同:8万5000円前後)をラインアップする。

  • モードダイヤル部

 撮像素子にはAPS-Cサイズの有効1610万画素の「Exmor HD CMOSセンサー」を採用。透過ミラーを採用した「トランスルーセントミラー・テクノロジー」により、AF追従で秒間7コマの高速連写撮影に対応するほか、動く被写体を約1.4倍クローズアップし、撮影できる。

 三分割法に基づいてバランスのとれた構図に自動トリミングできるオートポートレートフレーミングにも対応。「全画素超解像ズーム」を使えば、光学2倍相当のズーム撮影を実現。200mmのレンズでも400mm相当のズーム撮影が行える。

  • 2.7型の液晶モニタはチルト可動式

 2.7型の液晶モニタはチルト可動式で、ハイアングル、ローアングル撮影時での画面確認が容易。撮影シーンに応じてトイカメラやパートカラーといった効果を選べる「ピクチャーエフェクト」は15種類を内蔵する。

 ボディサイズは高さ92.0mm×幅124.4mm×奥行き84.7mm。コンパクトサイズながら、くぼみと出っ張りを持たせることでグリップ感を向上させたとしている。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]