logo

NTTドコモ2012年夏モデル--16機種全スマホにAndroid 4.0を搭載、タブレットなども

坂本純子 (編集部)2012年05月16日 12時03分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモは5月16日、2012年夏モデルのラインアップとして、スマートフォン16機種、タブレットとキッズケータイ、モバイルWi-Fiルータ3機種の全19機種を発表した。

 2012年夏モデルでは、スマートフォンとタブレットの全機種にAndroid 4.0を搭載。高速通信の「Xi(クロッシィ)」に対応したスマートフォンを11機種へと大幅に拡大したほか、モバイルWi-Fiルータも追加。ディスプレイサイズは、3インチが4機種、5インチの大画面モデルが2機種と、多彩なラインアップが用意されている。スマートフォン向け放送局「NOTTV」の番組が楽しめるモバキャス対応の機種も新たに5機種が加わった。

 今回、Xiに対応するスマートフォンは、docomo with seriesとして「Optimus it L-05D」「MEDIAS X N-07D」「Xperia SX SO-05D」の3機種。docomo NEXT seriesでは、「GALAXY S III SC-06D」「AQUOS PHONE ZETA SH-09D」「Xperia GX SO-04D」「ARROWS X F-10D」「REGZA Phone T-02D」「Optimus Vu L-06D/L-06D JOJO」「ELUGA power P-07D」「AQUOS PHONE sv SH-10D」の8モデルがラインアップする。

  • 2012年夏モデルラインアップ

  • Xperia GX SO-04D

  • Optimus Vu L-06D JOJO

 中でも、Optimus Vu L-06D/L-06D JOJOとELUGA power P-07Dは、5インチの大画面を搭載するほか、デュアルコアのCPUを搭載したハイエンドモデルだ。

 また、ロンドンで5月に発表されたばかりの「Galaxy S III」も発表。GALAXYシリーズで初となるおサイフケータイに対応した。

 今回、初めて「らくらくスマートフォン F-12D」を提供。ユーザー向けに、定額料が2980円で利用できる「らくらくパケ・ホーダイ」を提供する。


NTTドコモ 2012年夏モデル

メール翻訳などクラウドサービスを本格展開--総称は「ドコモクラウド」

 また、端末のほかにサービスも拡充。現在提供している「しゃべってコンシェル」「dマーケット」に加え、新サービス「メール翻訳コンシェル」「フォトコレクション」を6月より順次提供を開始する。

 メール翻訳コンシェルは、通訳電話の技術を活用し、メールやSNSなどの文字コミュニケーションをクラウド上で翻訳して相手に送信できるサービス。フォトコレクションは、写真と動画のストレージサービスで、さまざまなで5Gバイトまで無料でクラウドに保存できるサービスで、PCやタブレットからもアクセスが可能。また、これらのクラウドを使ったサービスの総称として「ドコモクラウド」のブランドを冠して提供していくとしている。

今回発表されたドコモ2012年夏モデル
ドコモ、夏モデルはスペックから“使い方”重視へ--クラウドも本格化
2012年ドコモ夏モデル--スマホに完全シフト、全16機種がAndroid 4.0へ
ドコモ社長交代で山田氏「思い残すことはない」

◆前日のKDDI(au)2012年夏モデル新製品発表
スマホはすべて「Android 4.0」--au夏モデル10機種が発表

-PR-企画特集