logo

モジラ、Android向けFirefoxの新ベータ版を公開

Seth Rosenblatt (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 高森郁哉2012年05月16日 11時40分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Mozillaは米国時間5月15日、2011年末から開発が続けられていたインターフェースと基本コードを搭載した「Android」向け「Firefox」のベータ版をアップデートした。

 Android向けFirefoxの新ベータ版の特徴は、現行安定版とほぼ同じだが、「Adobe Flash」に対応している。この点がAndroid向け「Chrome」のベータ版やAndroidに標準搭載されているブラウザとの顕著な違いだが、ウェブサイト上のFlashコンテンツを再生するAndroid向けブラウザはFirefoxだけではない。

 とはいえ、今回のベータ版の変更点は、新しいインターフェースとFlashへの対応にとどまらない。ページのロード時間が大幅に短縮され、ブラウザ起動時に表示される画面が新しくなり、テキストのズームも滑らかになっている。Google検索はより安全なHTTPSで行われるようになり、開発者らはPointer Lock APIや画面スリープを防ぐ新しいAPIを利用できるようになっている。

 ベータ版らしく、同ブラウザはいくつかの欠点も確認されている。たとえば、単一のAndroid端末に複数のFirefoxチャンネルをインストールしている場合の同期の問題、言語が英語しかサポートしていない点、Flashの実装に関する複数の問題などだ。Flashに関する不具合には、全画面表示での問題や、「Android 2.3」(開発コード名「Gingerbread」)搭載の「NVIDIA Tegra 2」端末への未対応などが含まれる。

 新しいベータ版は、「Android 2.2」(開発コード名「Froyo」)以降「Android 4.0」(開発コード名「Ice Cream Sandwich」)までのAndroid上で動作する。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]