logo

ソニー、WALKMANドックを備えたスピーカ--Bluetooth対応機

加納恵 (編集部)2012年05月14日 15時49分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは5月14日、「WALKMAN」を接続して音楽を再生できるウォークマンドックコンポを発表した。奥行き137mmのスリムボディで、Bluetoothによるワイヤレス再生機も用意する。

  • 「CMT-V70B」

 発売されるのはBluetoothに対応し、ワイヤレス接続ができる「CMT-V70B」と、Bluetooth機能を省いた「CMT-V50」。店頭想定価格はV70Bが3万5000円前後、V50が3万円前後になる。両機種ともに発売は6月9日。

  • 「CMT-V50」

 高さ212mm×幅449mm×奥行き137mmで、重量約2.8kgのボディにウォークマンドック、CD、FM/AMチューナ、アンプ、スピーカを内蔵。ウォークマンドックは開閉式で、使用していないときは本体に収納可能だ。

  • WALKMANドック部

 Bluetooth対応のV70Bは、「Bluetoothスタンバイ」モードにしておけば、ドックコンポの電源がはいっていなくても、WALKMAN側から操作することで、ワイヤレス再生が可能。Bluetooth機能を備えたタブレットやスマートフォンからも利用できる。

 両機種ともに65mmのフルレンジスピーカを内蔵。スピーカ部はダンパーをなくした、独自の磁性流体サスペンション構造を採用した。これにより、ボイスコイルから振動板への振動伝達ロスを低減させ、音の歪みをおさえ伸びのある高音質を再生するとしている。

 接続したWALKMANには、CDの音楽を2.5倍速で録音できる「CDワンタッチ録音」機能を備えたほか、ドックスピーカに内蔵しているFM/AMチューナからラジオ放送を録音することも可能。タイマー録音機能も備えている。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]