logo

ケンコーコム、厚労省の上告に「大変意外で到底納得できない」

藤井涼 (編集部)2012年05月10日 17時59分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ケンコーコムは5月10日、医薬品のネット販売訴訟において厚生労働省が上告したことについて、「厚生労働省による上告は大変意外で、到底納得のいくものではありません」とのコメントを発表した。

 東京高等裁判所(東京高裁)は4月26日、ケンコーコムとウェルネットが起こした一般用医薬品のネット販売規制に関する行政訴訟で、控訴人(一審の原告)の一般用医薬品のネット販売を認める判決を下した。これに対して厚労省は5月9日、「省令で定めるネット販売規制は法律に基づくもので、判決は受け入れ難い」として最高裁判所に上告していた。

 ケンコーコムは控訴審判決の内容について、「官僚が裁量によって、法律で定められていない規制を恣意的に、しかも、副作用の実証的な根拠なく行なうことは許されないことが明確に示された」とコメントし、上告については「厳正な司法による判決も省みない上告という判断に驚きと憤りを禁じ得ません」としている。

 また、3年前に医薬品のネット販売が禁止されて以降、同社では毎月2000人以上の顧客からの注文を断らせざるを得ない状況が続いてきたとし、「この上告により、医薬品を必要とするお客様に、安全な医薬品をお届けできないことがさらに続くことは誠に遺憾」とコメントしている。

 厚生労働省に対しては、上告の取り下げも含め、一刻も早く一般用医薬品を手に入れにくい実情やケンコーコムの権利侵害を解消することで、日本における医薬品のネット販売が1日でも早く再開されることを強く望むとした。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]