logo

ヤフー、中小企業向けに事業継続計画SaaSを提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヤフーは5月10日、ストレージと業務アプリケーションをパッケージ化し、事業継続計画(BCP)を低コストで実現するというSaaS「中小企業向けBCPソリューション」を提供開始した。税別価格は初期導入費用が5万円、基本料金が月額7500円からとなっている。

 中小企業向けBCPソリューションは、バックアップサービスやデータストレージにくわえて、会計管理や顧客管理システムなど100種類以上のアプリケーションを企業のニーズに合わせてSaaSで利用できる仕組みをパッケージ化した。

 遠隔地バックアップに加え、事業継続上必須なアプリケーションをクラウド上で通常利用することで災害時の速やかな事業再開が可能という。勤怠や給与、営業支援などの通常業務に必要な無料と有料のアプリケーションが用意されている。スケジュール管理や会議室予約、ファイル共有などオープンソースのグループウェアも用意しているので、自社業務に最適化した形にカスタマイズして利用できるとしている。

 中小企業のBCPにおけるニーズを把握し、BCP策定に2008年から取り組んでいる協同組合横浜マーチャンダイジングセンターと協力して、アプリケーションサービス配信基盤「KitASP Service Delivery Network(KSDN)」を提供する、きっとエイエスピーと共同で開発した。

図
※クリックすると拡大画像が見られます

 今後は、全国の中小企業協同組合に対するBCP構築支援を推進する唐住尚司氏(産業能率大学特任講師、グローアップコンサルティング代表)の指導にもとづき、クラウドシステムの運用や復旧手順とBCPの復旧手順を一体化し、IT担当者がいない組織、BCPの構築や運用ノウハウがない組織でもBCP構築の早期実現と適切な実施ができるようなBCPソリューションを提案していくとしている。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]