logo

富士通研究所、スマホで肌の状態を測定できる技術を開発--シミや毛穴の目立ち度も測定

坂本純子 (編集部)2012年05月07日 19時24分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士通研究所は5月7日、スマートフォンのカメラを用いて人の肌の状態、特に肌の色を正確に測定する技術を開発したと発表した。

 今回、新たに考案した「カラーパッチ」により、ユーザーが店頭に出向くことなく、家庭でも手軽に肌の色やその他の肌の状態を測定できるという。

 ユーザーはまず、カラーパッチを肌に当て、スマートフォンで肌を撮影する。カラーパッチ内に配置された基準色のパターンと共に撮影することで、肌の色と基準色との色の差分情報を用いて肌の色を正確に補正できるようにした。また基準色のパターンを4パターンさまざまな角度に配置することで、照明の角度などにより色むらが生じた場合でも正確に補正できるという。

 本技術を用いれば、家庭で手軽に肌の状態を知ることができるほか、企業も自社サイトへの誘導、商品リコメンデーションのためのツールとして活用できるとしている。


イベントのお知らせ

「AI時代の新ビジネスコミュニケーション」~CNET Japan Live 2018

AIのビジネス活用事例を多数紹介 2月27日、28日開催

-PR-企画特集