logo

三菱電機、スマートフォン画面も大画面、高画質で表示する液晶モニタ

加納恵 (編集部)2012年04月24日 18時23分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 三菱電機は、液晶モニタ「Diamondcrysta WIDE(ダイヤモンドクリスタワイド)」の新製品として、23型モデル2機種を追加した。IPS方式で国内最速となる応答速度3.5ミリ秒を実現しているという。

  • 左からグレアタイプの「RDT234WX-S」、ノングレアタイプの「RDT234WX」

 発売されるのはノングレアタイプの「RDT234WX」(5月18日発売、店頭想定価格:3万7800円前後)と、グレアタイプの「RDT234WX-S」(6月15日発売、同:3万9800円前後)になる。

 ゲームなどに最適なスルーモードオン時は、フレーム遅延時間0.1フレームを実現したほか、リモコンのボタン1つでフレーム遅延時間を確認できる「フレーム遅延時間表示」機能を搭載。国内最速の応答速度により、鮮明な動画を表示するとしている。

 スマートフォンとの連携を強化し、PC画面とスマートフォン画面を2画面表示する際、縦表示でも子画面の枠いっぱいに画面を表示する「画面スタイル」を採用。テキスト、フォト、動画(高解像度)、動画(低解像度)の中から、適した画質選択、設定できる「アドバンストDV MODE:モバイル」も備える。

 LEDバックライトと電源ユニットの薄型化により、電源内蔵でも奥行き39mmのスリムボディを実現。「高透過率IPS 方式液晶パネル」を採用し、従来品に比べ消費電力は約29%削減している。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]