logo

インテル、22ナノメートルの「Ivy Bridge」を正式発表

Jack Clark (ZDNet UK) 翻訳校正: 中村智恵子 高橋朋子2012年04月24日 11時06分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Intelは米国時間4月23日、22ナノメートル(nm)製造プロセスの「Ivy Bridge」プロセッサファミリの発表を行った。エネルギー効率に優れたIvy Bridgeは、同社がウルトラブックを普及させ、モバイル機器への足がかりを得るために重要な新プロセッサファミリだ。

 Intelは同日、「第3世代の『Intel Core』プロセッサ」と称して、Ivy Bridgeベースのプロセッサ14機種の詳細を発表した。4月29日から販売開始となる。さしあたってはデスクトップ向けとなり、ウルトラブックやモバイル機器向けプロセッサは2012年後半に登場予定だ。

 「当社エンジニアはわれわれの期待を超え、これまで当社が作った最高のプロセッサの2倍に当たるメディアとグラフィックス性能を実現した。これはすなわち、最新のオールインワンPCや、今後登場するウルトラブックにおいて、驚異的な新しいバーチャル体験が得られることを意味する」と、IntelのPC Client GroupゼネラルマネージャKirk Skaugen氏は声明で述べている。

 Ivy Bridgeプロセッサは、22nmの「3-D Tri-Gate」シリコンプロセスで製造される。Intelによると、同社の3Dトランジスタは動作電圧が低く、リーク電流を抑えるため、電力効率が向上するという。

 Ivy Bridgeプロセッサは、32nmの「Sandy Bridge」プロセッサと概ね同じ設計を用いているが、22nmプロセスに合わせて縮小されており、この手法を業界では「シュリンクイン」と呼ぶ。ただし、ダイ上ではチップの統合グラフィカルコンポーネントにより多くの面積が与えられている。これはビジュアル性能において、Ivy Bridgeが「OpenGL 3.1」「OpenCL 1.1」「Direct X11」の各APIに対応する「Intel HD Graphics 4000」をサポートしているためだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

イベントのお知らせ

「AI時代の新ビジネスコミュニケーション」~CNET Japan Live 2018

AIのビジネス活用事例を多数紹介 2月27日、28日開催

-PR-企画特集