logo

メモや写真、音声を共有できる無料の多機能iPhoneノートアプリ「Catch Notes」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Catch Notes」は、メモや写真、音声などを思いついた時に記録し、クラウドに保存できる多機能ノートアプリだ。iPhoneはもちろんiPadやAndroid、さらにPCともクラウド経由で同期できるので、データの受け渡しにも重宝する。

  • ホーム画面。ノートの一覧が並ぶ

 +ボタンをタップすると新規ノートの作成画面が表示される。ノートにはテキストを記入できるのはもちろん、画像、音声を添付することもできるので、日々思いついたアイデアメモや、備忘録、外出先で撮った写真、打ち合わせの音声データなど、さまざまなデータを保管できる。記入し終わって「完了」を押せば、クラウドへの登録が行われる。

 本アプリはウェブサービス「Catch」がベースになっており、登録したノートはブラウザからも参照できる。同期は即行われるので、PCとの間でちょっとしたメモをやり取りするといった用途でも重宝する。またAndroidアプリやiPadアプリも用意されているので、それらの間でノートを同期することで、デバイス間のデータのやりとりにも便利に使える。

 性格的には「Evernote」とよく似ているが、保存の対象となるのはあくまでもテキストを中心としたメモであり、それに写真や音声を追加できるというのが本アプリの設計思想だ。ハッシュタグなどによる分類は可能ではあるものの、Evernoteほど長期的な分類保存に向いているわけではなく、OCR機能などもない。敢えて用途を分けるとすれば、本アプリは短期~中期、Evernoteは長期ということになるだろうか。

 他メンバーと共有できるストリーム機能が最近になって追加されるなど、かなりのスピードで進化している本アプリ。個人的には、Evernoteにあるようなチェックボックスが入力できれば、タスク管理にも使えて便利ではないかと感じる。今後も要注目のアプリだと言えそうだ。

  • ノートを開いたところ。1行目がタイトル、2行目以降が本文になる。電話番号やURL、住所などには自動的にリンクが張られる

  • ノートに写真を貼り付けたところ。ノートをメールで送信することもできる

  • 最大2時間の音声メモを貼り付けることもできる

  • 各ノートにはハッシュタグをつけることができるので、自由に分類することが可能だ

  • クラウドとの同期は即行うことができるので、PCとのデータ受け渡しにも重宝する

  • 同じ画面をPCから見たところ。PCを含むデバイス間でのデータ共有にも便利だ。ちなみにPCから使う場合はスクリーンショットを撮る機能も重宝する

>>Catch Notesのダウンロードはこちらから

ビジネスアプリセンター

iPhoneの記事一覧はこちら

-PR-企画特集