logo

J・パール氏、チューリング賞受賞--人工知能分野の先駆的研究が評価

Charles Cooper (Special to CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2012年03月16日 11時57分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 カリフォルニア大学ロサンゼルス校の名誉教授であるJudea Pearl氏が、人工知能分野の先駆的研究を評価され、名誉あるA.M.チューリング賞を受賞した。

Judea Pearl氏 Judea Pearl氏
提供:ACM

 Pearl氏の業績は、原因と結果の関係に関してしばしば引用されている。中でも同氏は、ベイジアンネットワークを使用して機械学習を研究する方法を編み出したとされている。また、ヒューリスティック探索と呼ばれる問題解決法における初期の業績と、因果論の分野における貢献でも知られている。

 米計算機学会(ACM)のチューリング生誕100周年を記念する祝典で責任者を務めるVint Cerf氏によると、「同氏のここ30年における業績は、人工知能の進歩に理論的基礎を提供し、また機械学習に驚くべき進展をもたらし、『思考機械』という言葉を再定義した」という。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集