logo

ヤマハ、4K映像伝送機能も備えたAVレシーバー

加納恵 (編集部)2012年03月15日 13時53分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヤマハは3月15日、4K映像伝送機能を備えたAVレシーバー「RX-V373」を発表した。iPhone/iPodとデジタルダイレクト接続できるUSB端子も備える。発売は4月上旬。4万2000円で販売する。

  • 「RX-V373」

 HDMIケーブル1本でテレビと接続でき、3D映像伝送や4K映像伝送に対応。主要メーカーのテレビやレコーダーとのリンク機能に採用したほか、よく使う映像ソースや音場プログラムなどを組み合わせてワンタッチで呼び出したり、指定したテレビやレコーダーと連動して起動したりできる「SCENE(シーン)」ボタンを備える。

 独自の音場創成技術「シネマDSP」も搭載し、5.1ch スピーカーシステムとの組み合わせで理想的なサラウンド効果を発揮するほか、ヘッドホンでサラウンド効果が楽しめる「サイレントシネマ」も装備。ミュージックエンハンサーにより圧縮音声を高音質化することもできる。

 長時間使用時に便利な新開発の「ECOモード」のほか、スタンバイ時の待機時消費電力を0.3W以下に抑えるなど省電力対策も施されている。

 
デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集