logo

ワンセグやテザリング機能を搭載--外も中も“PRADA”な「PRADA phone by LG L-02D」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ファッションブランドの名前をまとったスマートフォン、その名もずばり「PRADA phone by LG L-02D」が登場した。LGとPRADAのコラボレーションによるモデルで、名称にはLGと入っているが、本体にはPRADAのロゴはあってもLGのロゴが全くない。画面も独自デザインのユーザーインターフェース(UI)やアイコンを搭載し、PRADAの世界観を崩さないものとなっている。

外見だけでなく画面やインターフェースもPRADA

  • Android 2.3搭載のPRADA phone by LG L-02D

 今回登場した「PRADA phone by LG L-02D」は国内では2世代めとなるPRADA phoneとなる。国内で最初に販売されたPRADA phoneは2008年に登場。全面タッチパネルであるものの、基本はフィーチャーフォンだ。新型ではAndroid 2.3を搭載するスマートフォンに進化した。

 PRADA phone by LG L-02Dの外見はブラック基調のシックなものとなっているが、画面の中もそのイメージのままデザインされている。アイコンはすべて独自で、よく見ればAndroidとわかるものの、他のAndroidとは全く雰囲気の異なる画面となっている。

 画面は、すべて黒字に白のモノトーン。ホーム画面はもちろん、よく使われるブラウザやメールなどはすべてモノトーンだ。ブラウザでウェブサイトを表示すればカラー画面となるが、通話や標準のメールアプリを使っているうちでは、ほぼモノトーンで使うことができる。

  • 背面はPRADAのロゴのみが入る

 PRADAのアイコンはドコモ標準のアプリにも用意されており、spモードメールもモノトーン版のアイコンに変更することで、ホーム画面にアイコンを移動しても世界観が保てる。

 また、標準のウィジェットもモノトーンなものが多数あり、アナログ時計も5種類から選べる。デフォルトの壁紙はブラック一色だが、裏面と同じブラックのレザー模様の壁紙も用意されている。

 モノトーンのアイコンが用意されてないアプリのアイコンをホーム画面に置いた場合は、カラーのアイコンがそのまま表示される。モノトーンの世界観を守りたいならホーム以外の別のページなどにまとめるか、フォルダを作って中に収めるなどの工夫が必要だ。

 UIは変更することもできる。「ホームエレクター」という設定変更アプリを使うことでdocomo Palette UIに変更でき、NTTドコモのLG製Androidスマートフォンと同様のUIにすることもできる。

  • ホーム画面はモノトーンでまとめられている

  • 電話画面

  • カレンダー

  • ウィジェットもモノトーンのものが用意される

  • 専用のウィジェットを画面に配置してみたところ

  • ウィジェットで選べるアナログ時計は5タイプ

  • アプリケーションの一覧も主要アプリは専用アイコンとなっている

  • ブラウザでPC向けサイトを表示させたところ

  • docomo Palette UIに変更もできる

-PR-企画特集