logo

エバーグリーン、骨伝導方式を採用したヘッドホン--防滴仕様でスポーツにも

加納恵 (編集部)2012年02月20日 15時31分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 エバーグリーンは2月20日、骨伝導方式を採用したヘッドホン「DN-68611」を発表した。耳をふさぐ必要が無いため周囲の音を聞きながら使用でき、歩行時やスポーツの装着に最適としている。同日から直販サイト「上海問屋」にて発売している。価格は2999円。

 リチウムバッテリで駆動し、ケーブルの途中にバッテリ内蔵の操作ユニットを装備。ボリュームのほか骨伝導のオン、オフスイッチを備える。USB経由で充電ができ、約3時間の充電で約15時間の使用ができるとしている。

 ヘッドホン部には防滴仕様を施し、雨の日や汗をかいても安心して使用できるとのこと。本体重量は約45g。ケーブルの長さは1.3mになる。

  • 「DN-68611」

  • 耳の前方の骨に当たるように装着する

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集