logo

腕に巻きiPhoneで睡眠を記録して健康管理

エースラッシュ2012年02月17日 15時35分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フォーカルポイントは2月16日、iPhone/iPad/iPod touchで睡眠状態を記録できる米LARK Technologies製のサイレントアラーム付きスリープコーチシステム「LARK アンアラームシステム」を発売したと発表した。同社直販サイトでの価格は9980円。

写真

 睡眠分野の専門家との協力によって開発されたLARK アンアラームシステムは、睡眠状態を記録して健康を管理しようというハードウェア。腕時計風デザインを採用したセンサ本体は約18gの軽量設計で、通信にはApp Storeからダウンロードできる無料アプリ「LARK UP」を使用し、Bluetooth接続で睡眠データを記録する。

 安眠に役立つ2種類の機能を搭載している。

画面

 快適な睡眠をガイドする「コーチ」機能では、センサ本体に内蔵された「アクティグラフ マイクロセンサー」が睡眠中の体の動きを感知。就眠時間や起床回数、睡眠時間、睡眠の質(10点満点評価)、睡眠パターンをグラフ化してくれる。

 「アラーム」機能は、アラーム音を使わずセンサ本体内蔵のバイブレーションで快適に目覚められるという。周囲で寝ている人を起こさない自分専用の目覚まし時計として使えるほか、複数の時間を登録することもできるとしている。

 睡眠履歴については期間全体、30日間、7日間の平均値を確認でき、1日ごとの睡眠に対して5段階の評価や10種類を超えるタグ付け、備考の入力も可能。FacebookやTwitterへ投稿したり、専用アカウントを作成すればブラウザからも閲覧できる。

 センサ本体にはバッテリが内蔵されており、付属の専用クレードルまたはmini USB端子を使って充電が可能。専用クレードルの背面にはUSB出力があり、別途Dockケーブルを用意すれば就寝中にiPhoneやiPod touchを充電できる。

-PR-企画特集