logo

NASA最後のIBMメインフレームが引退

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米航空宇宙局(NASA)のLinda Y. Cureton最高情報責任者(CIO)が、NASA内のIBM製メインフレームの稼働を終了したことをブログで米国時間2月11日に明らかにした。

 稼働を終えたのは、現在NASAのマーシャル宇宙飛行センター内で稼働している最後のメインフレームIBM z9。米Network Worldによると米国内では、2009年に下院がメインフレームの使用を終了している。このときメインフレームの稼働維持にかかっていたコストは年間73万ドルにのぼるという。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]