logo

流線型デザインを採用したクリプシュ初のノイズキャンセリングヘッドホン

加納恵 (編集部)2012年02月08日 19時37分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 イーフロンティアは2月8日、クリプシュ製のノイズキャンセリングヘッドホン「Mode M40」を発表した。ウーファとトゥイータのダイナミックデュアルドライバを採用する。クリプシュブランドからノイズキャンセリングヘッドホンが発売されるのは今回が初とのこと。発売は2月10日。店頭想定価格は3万4800円になる。

  • 「Mode M40」

 単4形電池1本で駆動し、約45時間の連続使用が可能。電源オフ時でもステレオヘッドホンとして使用できる。

 ケーブルの長さは160cm。着脱可能な布巻きケーブルを採用する。標準ヘッドホンケーブルとアップル製品互換スリーボタンコントローラケーブルの2種類が付属する。

 重量は約356g。イヤーカップには低反発素材を使用し、長時間での使用に最適としている。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集