logo

モバイルアプリで稼ぐ!--アプリ収益化の基本を説明

Ed Burnette (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎2012年02月09日 07時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 モバイル広告ネットワーク会社InMobiのグローバルマーケティング担当ディレクターであるGregory Kennedy氏は、開発者がモバイルアプリで収益を上げるのに役立つヒントを知っている。このKennedy氏に対するQ&Aでは、あらゆるプラットフォームのアプリ開発者に役立つアドバイスを紹介する。

--モバイル開発者として成功する鍵は?

 (Kennedy氏)顧客に優れた価値提案を提供することに集中すべきです。ゲームを作っているのであれば、モバイル体験の利点を最大限に生かしたものでなければなりません。その好例がAngry Birdsです。ゲーム内容はシンプルで、次のレベルに進むまでに数分間しか必要としません。これは、モバイル向けゲームとしては理想的です。デジタルメディアで成功を維持するのはそれよりも難しく、わずか数年で多くの企業が現れては消えました。進化できるだけの柔軟性を持つことが重要ですが、同時にデジタルの世界で何がうまくいくかということに対する強い感覚を育て、それを貫く必要もあります。

--何がうまくいくかというアイデアを得たら、それを収益に変えるにはどうしたらいいですか?

 アプリで収益を上げる方法は4つあり、この4つしかありません。一番分かりやすいのは有料ダウンロードで、この方法では、開発者はアプリに決まった値段を設定し、顧客がそれを購入すると、通常はそこで取引が終わります。また、アプリの独占スポンサーを探すという方法もあります。これは収益化の方法として見ると、経済的な維持可能性の点では最高とは言えませんが、次のアプリを成功させるための基盤づくりには役立つかも知れません。さらに、最近増えている方法として、アプリ内購入の方法があります。この方法では、最初は顧客は支払いをする必要はないかも知れない一方(「フリーミアム」)、アプリ内での体験を高めていくために、支払いをする機会が与えらます。

 そして最後に、アプリ内の広告スペースを売る方法があります。アプリと広告主の間によいマッチングができており、収益化に必要なインプレッション数を維持できるだけのインストール数があれば、この方法は有料ダウンロードモデルよりも大きな収益を上げられます。わたしは常に開発者に対して、アプリ事業ごとに各モデルの組み合わせとマッチングを行うことを勧めています。使える収益化戦略が多いほど、稼げる額も大きくなります。

--マーケティングについては?

 世界には100万以上のアプリがあり、激しく競っています。世界最高のアプリを持っていても、それを知らせる術がなければ、誰もダウンロードしてくれません。

-PR-企画特集