logo

KDDI、総額50億円のベンチャーファンド設立--「3M戦略」を拡大

藤井涼 (編集部)2012年02月01日 18時12分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDIは2月1日、有望なベンチャー企業の支援を目的に、同社初となるコーポレート・ベンチャー・ファンド「KDDI Open Innovation Fund」を設立したと発表した。運用総額は50億円を予定。ベンチャー・キャピタルであるグローバル・ブレインが運営する。

 同ファンドでは、協業によるサービス開発支援やクラウドなどのプラットフォーム提供、プロモーション協力によって、良質なアプリやサービスの開発を促進するとしている。

 また、ファンドから生まれた革新的なアプリやサービスを、クラウド型コンテンツサービス「auスマートパス」を通じて提供することで、マルチネットワーク、マルチデバイス、マルチユースの3つの頭文字からなる「3M戦略」を実現するとしている。

-PR-企画特集