logo

FacebookのIPO調達額、50億ドルか

Rafe Needleman (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2012年02月01日 15時18分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 International Financing Review(IFR)の新しい記事によれば、Facebookの新規株式公開(IPO)による調達額は、当初予想額の半分である50億ドルになる可能性があるという。Facebookは早ければ米国時間2月1日に株式公開を申請すると予想されている。

 FacebookのIPOは、調達額が50億ドルだった場合でも、依然としてテクノロジ関連企業のIPOによる調達規模としては最高記録となる。Googleは2004年に19億ドルを調達している。最近ではZyngaが10億ドルを、Grouponが7億ドルを調達していた。また、ソーシャルネットワークのLinkedInの調達額は3億5300万ドルだった。

 まだ明らかになっていない点もある。Facebookの株式の何割が公開されるかだ。以前の報道では、株式の10%が公開され、Facebookの時価総額は1000億ドルとなるとされていた。調達規模が100億ドルから50億ドルに「減額」された場合に、株式の公開比率も調整されるのかどうかは分かっていない。

 Thomson Reuters傘下のIFRによれば、今回のIPOはMorgan Stanleyが主幹事証券となり、Goldman Sachs、Bank of America、Merrill Lynch、Barclaysの4行も事務幹事を務める予定だという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集