logo

ソニー、手回し充電ができる非常用ラジオがスマホ対応に

加納恵 (編集部)2012年01月19日 13時03分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは1月19日、手回し充電機能を搭載した非常用ラジオに新製品「ICF-B03」を追加した。スマートフォンの充電にも対応する。発売は2月10日。店頭想定価格は6000円前後になる。

  • 「ICF-B03」

 非常用ラジオは、災害時の電源、情報源確保として人気の高いモデル。高さ77mm×幅130mm×奥行き52mmで、重量285gの本体にFM/AMチューナ、ダブルLEDライト、スピーカ、手回し充電機能を備える。

 現行機では携帯電話充電コードのみを同梱していたが、ICF-B03にはスマートフォン用のプラグを追加し、「XPERIA」シリーズ、「GALAXY」シリーズ、「REGZA PHONE」などスマートフォンの充電に対応。ただし、iPhoneなど一部のスマートフォンの充電には対応していないとのことだ。

 内蔵充電池または単4形乾電池2本で駆動し、アルカリ電池を使用すれば約30時間のライト点灯が可能。手回し充電は、約5分回すとスマートフォンで約30分、携帯電話で約90分の連続待受ができるとしている。

 本体のほか、携帯電話接続用プラグ付きコード、携帯電話接続用充電プラグアダプタ、キャリングポーチ、ハンドストラップ、ホイッスルが付属する。ボディカラーはホワイト、オレンジ、シルバーの3色。

  • スマートフォン、FOMA、cdmaOneと3種類の充電プラグアダプタを同梱する

  • LEDライトはソフトとスポットの切り替えが可能

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集