logo

ソニー、デジタル一眼向け次世代「XQDメモリーカード」を商品化

加納恵 (編集部)2012年01月06日 15時57分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは1月6日、メモリカードの新規格に対応した「XQD(エックス・キュー・ディー)メモリーカード」を商品化した。書き込み速度は業界最高の1Gbps(125MB/秒)を実現するという。発売は2月15日。

  • 「QD-H32」と「QD-H16」

 発売されるのはXQDメモリーカードで容量16Gバイトの「QD-H16」(店頭想定価格:2万円前後)と32Gバイトの「QD-H32」(同:3万3000円前後)、XQDカードリーダ「MRW-E80」(同:4000円前後)、XQDエクスプレスカードアダプタ「QDA-EX1」(同:4000円前後)。

 XQDメモリーカードは、サンディスク、ソニー、ニコンが提案し、2011年12月に標準化規格団体コンパクトフラッシュアソシエーション(CPA)から採用が発表された次世代メモリカード規格。速度理論値は2.5Gbps、将来的には5Gbpsになるとされ、技術的には理論上2テラバイトを超える大容量化が可能としている。

 カードサイズは高さ38.5mm×幅29.6mm×奥行き3.8mm。同日ニコンから、XQDメモリカード対応のデジタル一眼レフカメラ「ニコン D4」が発表され、約100コマの連続撮影枚数を実現しているという。

 カードリーダMRW-E80は、USB3.0対応で撮影した高画質な静止画などの大容量データをメモリカードからPCへ高速に転送できるとのことだ。

 

-PR-企画特集