logo

Facebookのつながりを“見える化”する「INSIGHTMILL」

藤井涼 (編集部)2012年01月06日 11時53分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本経済社とソーシャルメディアの効果測定ツール「hornet(ホーネット)」を提供するグルーヴィーメディアは1月6日、Facebookを介して顧客属性を分析するファン解析ツール「INSIGHTMILL(インサイトミル)」の提供を開始した。同サービスは、2011年7月から一部企業向けにテストサービスとして提供されていた。

  • 「INSIGHTMILL」のシステム構成

 INSIGHTMILLでは、ユーザーの許諾取得やキャンペーン応募、アンケートや投票などの機能を提供。取得したデータを蓄えるデータベース機能と、Facebook APIとの連動機能を備えている。

 取得したデータは、ファンがどのような興味関心を持つグループに分かれているか、それぞれのグループのボリュームはどれくらいかを把握できるクラスタリング分析や、ファン同士のつながりを見える化するソーシャル・グラフ分析、ソーシャルグラフとインタレストグラフを合せて表示するソーシャル-インタレスト分析など、さまざまな方法で分析できる。

 また、Facebookページ上の回答情報をランキング表示したり、興味関心カテゴリ情報などと組み合わせてクロス分析することも可能だという。Facebookアプリ、データベース、分析メニューを含めた管理画面をASPで提供し、ローデータはCSVファイルでダウンロードできる。

 価格は初期設定費用が10万円で、月額利用費用が9万円。データ収集アプリが不要の場合は月額6万円となる。また、オプションでデータ分析に基づくコミュニケーション戦略やプロモーション施策を立案するコンサルティングサービスも提供するという。

-PR-企画特集