無料で人気J-POPを聴き続けるアプリ「Music Beam」--紅白特集も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • iTunesのJ-POPトップ100を連続試聴できるiPhoneアプリ「Music Beam」

  • お気に入りの楽曲をMyページに登録して連続試聴することも可能だ

 「安室奈美絵の新曲Love Storyを無料で30秒聴けます!」-- 毎日更新されるiTunesの最新J-POPトップ100を無料試聴できるiPhoneアプリ「Music Beam」をジェネシックスが開発し、提供を開始した。

 このアプリの特長は、J-POPトップ100曲を対象にランキング順またはランダムで連続試聴ができることだ。楽曲は1曲につき30秒程度で、試聴中に画面の「☆マーク」をタップするとMyお気に入りリストに登録することもできる。同社の取締役である冨田憲二氏は「2011年の紅白歌合戦出場アーティスト特集を予定している。Winter Song特集なども提供していきたい」という。

 楽曲を楽しむアプリとして認知度が高いのは、楽曲を再生すると自動で歌詞を表示する機能を特長とした、ファンコミュニケーションズが提供する100万ダウンロードを突破したLyricaや、GNTが提供する70万ダウンロードを突破したMobion Musicがある。この他にも、YouTubeのランキングをまとめたアプリなど、楽曲を楽しむアプリが数多くある中、冨田氏は「Music Beamは、楽曲再生時と連続試聴時のローディング時間にこだわった。2011年内に12~13万ダウンロードを達成させる」と意気込む。

ジェネシックス 取締役 冨田憲二 氏 ジェネシックス 取締役 冨田憲二 氏

 Music Beamを使ってみると、デザインはシンプルでわかりやすく、確かにローディング時間は快適だと感じた。連続試聴時の曲と曲の「つなぎ」の個所は若干気になったが、「早い時期に修正する」(冨田氏)という。オンラインでないとMusic Beamは使用できないが、音楽を気軽に楽しみたいライトユーザーに受け入れられそうだ。

 「ターゲットは20代前半」と話す冨田氏は、「学生が憧れるモデルや有名人がiPhoneを持っており、その憧れもあって学生のiPhone保有率が上がってきている。“クレジットカードを持てない”学生にも無料アプリのMusic Beamを楽しんでもらいたい」と続けた。学生に強いキャリアのauからiPhone4Sが発売されたことで、有料アプリを買えない層にも手が届くだろう。もともと有料アプリを買わない層と、紅白歌合戦をiPhone片手に見る層に響けば、年内に12~13万ダウンロードが達成できるかも知れない。

 また、リリース直後はJ-POPだけだが、今後は洋楽も提供していく方針だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加