中国の大学生、恋人へのプレゼントに「iPad」風デバイスを自作

Chris Matyszczyk (Special to CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2011年11月28日 12時02分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 中国の長春にある東北師範大学の大学生Wei Xinlongさんは、恋人のSun Shashaさんへのプレゼントとして、彼女が欲しがっていた「iPad」を自作した。チャイナデイリーが伝えている

 報道によると、Weiさんはオンラインでタッチスクリーンとバッテリを購入し、やはりオンラインで購入した中古のノートPCから取り出したマザーボード、ディスプレイ、メモリといった部品を組み合わせたという。そして、外側はきれいなラインストーンで仕上げた

 Weiさんはチャイナデイリーに対し、「スクリーンをタッチするだけで、読んだり、ダウンロードしたり、動画を見たり、ゲームをしたりすることができる」と語っている。

 この自作タブレットは「Windows 7」が動作するが、Appleのロゴが付いているようだ。コストは800元(約125ドル)だったという。

 Sunさんはチャイナデイリーに対し、「これまでもらった中で最高のプレゼント。いつまでも大切にする」と語った。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加